3級FP過去問解説(学科)2020年1月【23】

(1)

借地借家法の規定では、定期建物賃貸借契約(定期借家契約)の期間満了時、借主から更新の請求があった場合、貸主は、正当の事由がなければ、その更新の請求を拒むことができない。



[正解] × (不適切)

[解説]

定期建物賃貸借契約(定期借家契約)では、契約は更新されずに終了となる。「貸主は正当事由がなければ更新の拒絶ができない」のは、普通借家権である。


[要点のまとめ]

定期借

error: Content is protected !!