3級FP過去問解説(学科)2020年1月【34】

(34)

住宅を取得し、住宅借入金等特別控除の適用を受けている者が、住宅ローンの一部繰上げ返済を行い、借入金の償還期間が当初の借入れの最初の償還月から( )未満となった場合、残りの控除期間について、住宅借入金特別控除の適用は受けられない。

  1. 10年
  2. 13年
  3. 15年


[正解] 

[解説]

住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)の適用要件に、「返済期間が10年以上の住宅ローンであること」がある。一部繰り上げ返済により、「当初の借入れの最初の償還月から10年未満となった場合」は、要件を満たさなくなり、住宅借入金特別控除の適用は受けられない。


[要点のまとめ]

error: Content is protected !!