3級FP過去問解説(学科)2020年1月【47】

(47)

36年間勤務した会社を定年退職した給与所得者の所得税における退職所得の金額を計算する際の退職所得控除額は、( )となる。

  1. 800万円+70万円×(36年-20年)×1/2==1,360万円
  2. 800万円+40万円×(36年-20年)=1,440万円
  3. 800万円+70万円×(36年-20年)=1,920万円


[正解] 

[解説]

勤続年数20年超の場合の退職所得控除額は、
800万円+70万円×(勤続年数-20年)
で求める。
なお、勤続年数20年以下の場合、
40万円×勤続年数
で求める。
また、退職所得は、退職所得控除額を控除したあと、2分の1する。


[要点のまとめ]

error: Content is protected !!