3級FP過去問解説(学科)2020年1月【54】

(54)

個人が土地・建物を譲渡したことによる譲渡所得の金額の計算において、譲渡した土地・建物の取得費が不明である場合、譲渡収入金額の( )相当額を取得費とすることができる。

  1. 3%
  2. 5%
  3. 10%


[正解] 

[解説]

譲渡所得は、
収入金額 - (取得費 + 譲渡費用)
で求める。計算式にある取得費は、相続で不動産を取得した場合など、不明なことがある。このよな場合、収入金額の5%を取得費とすることもできる。これを概算取得費という。なお、取得費が分かっている場合でも、概算取得費を選択することができる。


[要点のまとめ]

error: Content is protected !!