(保険顧客)3級FP 2017年1月 問7

【第3問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問7》~《問9》)に答えなさい。


《問7》 Mさんは、《設例》の<資料1>の終身保険について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。

  1. 「Aさんの退任時に、当該終身保険の解約返戻金を役員退職金の原資として活用することができます」
  2. 「Aさんの退任時に、役員退職金の一部として当該終身保険の契約者をAさん、死亡保険金受取人をAさんの相続人に名義変更することで、当該終身保険を個人の保険として継続することができます」
  3. 「保険期間中にX社に緊急の資金需要が生じた場合、契約者貸付制度を活用することができます。ただし、契約者貸付を利用できる上限は、利用時点での払込保険料相当額までとなります」


[正解]  (不適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

error: Content is protected !!