(保険顧客)3級FP 2017年5月 問1

【第1問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問1》~《問3》)に答えなさい


《問1》 はじめに、Mさんは、老齢基礎年金について説明した。Mさんが、Aさんに対して説明した以下の文章の空欄①~③に入る語句または数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

「Aさんが60歳になるまで国民年金の定額保険料を納付した場合、65歳から受給することができる老齢基礎年金の年金額は、( ① )円(平成28年度価額)となります。
老齢基礎年金の支給開始年齢は原則65歳ですが、Aさんが希望すれば、60歳以上65歳未満の間に老齢基礎年金の繰上げ支給を請求することができます。仮に、Aさんが60歳0カ月で老齢基礎年金の繰上げ支給を請求した場合の減額率は( ② )%となります。ただし、老齢基礎年金の繰上げ支給を請求した場合は、『( ③ )減額された年金が支給される』『繰上げ支給の受給権が発生した後は、障害基礎年金の受給権が取得できない』等に注意が必要です」

  1. ① 741,095 ② 30 ③ 生涯
  2. ① 741,095 ② 42 ③ 65歳になるまで
  3. ① 780,100 ② 42 ③ 70歳になるまで


[正解]  (適切)[配点] 

[解説]
解説はございません。更新をお待ちください。

error: Content is protected !!