(個人資産)3級FP 2018年1月 問1

問1

Mさんは、Aさんが現時点(平成30年1月28日)において死亡した場合の妻Bさんに支給される遺族基礎年金の年金額を試算した。Mさんが試算した遺族基礎年金の年金額(平成29年度価額)を算出する計算式として、次のうち最も適切なものはどれか。
1) 779,300円+224,300円=1,003,600円
2) 779,300円+224,300円+74,800円=1,078,400円
3) 779,300円+224,300円+224,300円=1,227,900円

[解答]3

[配点]3

[解説]

肢の数値を見ると、779,300円(遺族基礎年金)、224,300円(子の加算・第1子・第2子)、74,800円(子の加算・第3子)だと分かる。
遺族年金で「子」とは18歳到達年度の3月31日までの子を指すため、長男Cさんと長女Dさんはいずれも「子」にあてはまる・
それぞれ第1子と第2子なので、「3」が適切だと分かる。

解答解説[表示]

error: Content is protected !!