(個人資産)3級FP 2018年5月 問1

問1

Mさんは、Aさんに対して、Aさんが60歳でX社を定年退職し、その後再就職をしない場合における公的医療保険制度について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

1) ① 14日 ② 1年 ③ 全額自己負担
2) ① 14日 ② 2年 ③ 労使折半
3) ① 20日 ② 2年 ③ 全額自己負担

[解答]3
[配点]3
[解説]

「Aさんの退職後の公的医療保険制度への加入方法の1つとして、現在加入している健康保険に任意継続被保険者として加入する方法があります。任意継続被保険者の資格取得の手続は、原則として退職日の翌日から( ① 20日 )以内に行う必要があります。任意継続被保険者として健康保険に加入できる期間は、最長で( ② 2年 )です。また、任意継続被保険者として健康保険に加入する期間の保険料は( ③ 全額自己負担 )となります。なお、国民健康保険に加入する方法もありますので、事前に検討されることをお勧めします」

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    error: Content is protected !!