(個人資産)3級FP 2018年5月 問3

問3

Mさんは、Aさんに対して、公的年金について説明した。Mさんの説明に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
1) 「Aさんには特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)は支給されず、原則として65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金を受給することになります」
2) 「Aさんが老齢基礎年金の繰上げ支給の請求をした場合、老齢基礎年金の年金額は繰上げ1カ月当たり0.7%減額されます」
3) 「Aさんが65歳以後に受給する老齢厚生年金には、妻Bさんが65歳に達するまでの間、加給年金額が加算されます」

[解答]3
[配点]3
[解説]

1)Aさんは男性であるため、昭和36年4月2日生まれ以降で65歳以降の支給となる。2歳ごとに支給繰上げとなるため、昭和34年4月1日~昭和36年4月1日生まれの人は、報酬比例部分あ64歳から支給される。Aさんは昭和34年4月11日なので、64歳からの支給である。
2)繰上げ支給の場合、1ヶ月あたり0.5%減額される。なお、繰り下げ支給の場合が0.7%増額である。

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    error: Content is protected !!