3級FP過去問解説(個人資産)2018年9月【問5】投資指標

【第2問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問4》~《問6》)に答えなさい。


 会社員のAさん(27歳)は、少額から始められる資産運用の方法として、「非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度(以下、当該非課税制度を『つみたてNISA』、非課税口座内に設定される累積投資勘定を『つみたてNISA勘定』という)」について関心を持つようになった。
 また、Aさんは、友人が株主優待を目当てに保有しているX社株式(東京証券取引所市場第一部)を自分も購入したいと考えているが、その前提として、PERやPBRなどの株式の投資指標について理解を深めたいと考えている。そこで、Aさんは、ファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。
Aさんが購入を検討しているX社株式に関する資料は、以下のとおりである。

〈X社の財務データ〉
売上高 :3,000億円
営業利益 :110億円
経常利益 :90億円
純利益(年間) :45億円
配当金(年間) :1株当たり30円
配当金総額 :18億円
決算期 :平成31年2月28日(木)

〈X社株式の関連情報〉
PER :16.0倍
PBR :1.20倍
ROE :7.50%
配当利回り :2.50%
株式益回り :6.25%
株価 :1,200円
発行済株式数 :6,000万株

〈X社株式の株主優待〉
次回権利確定 :平成31年2月28日時点の株主名簿に記載された株主
お買物券 :100株以上500株未満 3,000円(3枚)
※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問5

次に、Mさんは、株式の投資指標について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。

  1. 「PERは、株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す指標です。何倍程度が妥当であるかは、業種や会社の規模等により異なりますので、同業他社との比較や過去のトレンドとの比較等、相対的な比較に利用してください」
  2. 「ROEは、総資産(総資本)に対する当期純利益の割合を示す指標です。ROEが高い水準で推移していれば、企業の収益性は高いと判断できます」
  3. 「配当利回りは、当期純利益のなかから配当金がどの程度支払われているのかを示す指標です。この指標により、株主への利益還元の傾向を見ることができます」


[正解]  (適切)
[配点]   (点)

[解説]

  1. PERは、株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す指標です。何倍程度が妥当であるかは、業種や会社の規模等により異なりますので、同業他社との比較や過去のトレンドとの比較等、相対的な比較に利用してください」
  2. [解説]
    PER(株価収益率)は、株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す指標である。「株価÷1株あたり純利益(EPS)」で求める。

  3. 「ROEは、総資産(総資本)に対する当期純利益の割合を示す指標です。ROEが高い水準で推移していれば、企業の収益性は高いと判断できます」
  4. [解説]
    ROE(自己資本利益率)は、自己資本に対する税引後当期純利益の割合を示す指標である。「税引後当期純利益÷自己資本✕100」で求める。総資産(総資本)に対する当期純利益の割合を示す指標はROA(総資本利益率)である。

  5. 「配当利回りは、当期純利益のなかから配当金がどの程度支払われているのかを示す指標です。この指標により、株主への利益還元の傾向を見ることができます」
  6. [解説]
    配当利回りは、当期純利益のなかから配当金がどの程度支払われているのかを示す指標である。配当性向と区別して覚えておくこと。

[要点のまとめ]

<株式指標>
(1) PER(株価収益率)(倍)
 株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す指標
 株価÷1株あたり純利益(EPS)
(2) PBR(株価純資産倍率)
 株価÷1株あたり純資産(BPS)
(3) ROE(自己資本利益率)(%)
 税引後当期純利益÷自己資本✕100
(4) 配当利回り(%)
 1株あたり配当金÷株価✕100
(5) 配当性向(%)
 配当金総額÷税引後当期純利益✕100

error: Content is protected !!