(資産設計)3級FP 2017年5月 問19

問19

涼介さんは、会社の定期健康診断で異常を指摘され、平成28年11月に3週間ほど入院をして治療を受けた。その際の病院への医療費の支払いが高額であったため、涼介さんは健康保険の高額療養費制度を利用した。涼介さんの平成28年11月分の保険診療に係る医療費の自己負担分が36万円(総医療費120万円)であった場合、高額療養費制度適用後の涼介さんの負担金額として、正しいものはどれか。なお、涼介さんは全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の被保険者で、標準報酬月額は「30万円」である。また、平成28年11月に支払った医療費はこの入院に係るもののみであり、今回の入院について健康保険限度額認定証は提示していないものとする。

  1. 81,030円
  2. 89,430円
  3. 270,570円
[解答]2
[解説]

標準報酬月額が30万円なので、80,100円×(総医療費-267,000円)×1%で求める。
80,100円×(1,200,000円―267,000円)×1%=89,430円

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    error: Content is protected !!