(資産設計)3級FP 2017年9月 問7

問7

数年後に定年を迎える野村さんは、下記<資料>の土地の購入を検討している。そこで、この土地を取得した場合の将来的な土地の活用等について、FPの横川さんに相談をした。土地の用途制限に関する次の説明のうち、誤っているものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。

  1. 「将来、勤務医の息子さんが開業を希望される場合、診療所を建築することができます。」
  2. 「定年後、野村さんの音楽仲間たちと趣味を楽しみながら営業するために、カラオケボックス(娯楽施設)を建築することができます。」
  3. 「近隣には大学もあり、単身者用住居の需要も多いので、家賃収入を得るための賃貸マンションを建築することができます。」
[解答]2
[解説]

2 カラオケボックスは、第1・2種低層住居専用地域、第1・2種中高層住居専用地域では建築できない。

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    error: Content is protected !!