(資産設計)3級FP 2017年9月 問11

問11

会社員の井上幸一さんは、平成29年中に勤務先を定年退職する予定である。井上さんの退職に係るデータが下記<資料>のとおりである場合、井上さんの所得税に係る退職所得の金額として、正しいものはどれか。なお、井上さんは役員であったことはなく、退職は障害者になったことに基因するものではない。また、前年以前に受け取った退職金はないものとする。

  1. 3,000万円×1/2-2,200万円<0 よって、0円
  2. (3,000万円-2,200万円)×1/2=400万円
  3. 3,000万円-2,200万円×1/2=1,900万円
[解答]2
[解説]

退職所得控除額は、800万円+70万円×(勤務年数-20年)で求める。
800万円+70万円×20年=2,200万円
(3,000万円-2,200万円)×1/2=400万円・・・退職所得の金額

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    error: Content is protected !!