(資産設計)3級FP 2018年1月 問15

問15

宮野真理子さん(45歳)は、夫の智和さん(50歳)から金銭の贈与を受けるに当たっての贈与税の取扱いについて、FPで税理士でもある阿久津さんに相談をした。この相談に対する阿久津さんの回答の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。

<阿久津さんの回答>
ある年に真理子さんが智和さんから金銭の贈与を受け、その年中にそれ以外の財産の贈与を誰からも受けなかった場合、その贈与された金銭の額が贈与税の基礎控除額である( ア )万円以内であれば、贈与税は発生しないこととなります。
なお、その金銭が居住用不動産の購入資金であり、かつ、智和さんとの婚姻期間が20年以上である等の所定の要件を満たす場合、基礎控除とは別に、最大( イ )万円の配偶者控除の適用を受けることができます。

  1. (ア) 60 (イ)1,500
  2. (ア)110 (イ)2,000
  3. (ア)110 (イ)2,500
[解答]2
[解説]

問われている内容をそのまま覚えておかなければならない。
ある年に真理子さんが智和さんから金銭の贈与を受け、その年中にそれ以外の財産の贈与を誰からも受けなかった場合、その贈与された金銭の額が贈与税の基礎控除額である( ア 110 )万円以内であれば、贈与税は発生しないこととなります。
なお、その金銭が居住用不動産の購入資金であり、かつ、智和さんとの婚姻期間が20年以上である等の所定の要件を満たす場合、基礎控除とは別に、最大( イ 2,000 )万円の配偶者控除の適用を受けることができます。

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    error: Content is protected !!