(資産設計)3級FP 2018年1月 問18

問18

幸広さんと沙織さんが加入している生命保険は下表のとおりである。下表の契約A~Cについて、保険金・給付金が支払われた場合の課税関係に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 契約Aについて、沙織さんが受け取った死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
  2. 契約Bについて、沙織さんが受け取った入院給付金は、雑所得として所得税・住民税の課税対象となる。
  3. 契約Cについて、沙織さんが受け取った満期保険金は、一時所得として所得税・住民税の課税対象となる。
[解答]1
[解説]

契約A:保険料負担者である幸広が亡くなり、沙織が受け取るため、相続税の対象となる。
契約B:医療保険による給付金は非課税である・
契約C:保険料負担者が幸広で受取人が沙織であり、契約とは異なり、保険料負担者である幸広は亡くなっていないので贈与税の課税対象である。

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    error: Content is protected !!