(資産設計)3級FP 2018年5月 問15

問15

井上桂子さんは、夫から2018年5月に居住用不動産(財産評価額3,000万円)の贈与を受けた。桂子さんは、この居住用不動産の贈与について、贈与税の配偶者控除の適用を受けることを検討している。桂子さんが贈与税の配偶者控除の適用を最高限度額まで受けた場合の2018年分の贈与税の配偶者控除および基礎控除後の課税価格として、正しいものはどれか。なお、贈与税の配偶者控除の適用を受けるための要件はすべて満たしているものとする。また、桂子さんは2018年中に、当該贈与以外の贈与を受けていないものとする。

  1. 890万円
  2. 1,000万円
  3. 1,890万円
[解答]1
[解説]

贈与税の配偶者控除は最大2,000万円控除でき、基礎控除の110万円と合わせて2,110万円控除となる。
3,000万円-2,110万円=890万円

[類問]>>3級解答解説一覧


    解答解説[表示]

    当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
    【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

    error: Content is protected !!