3級FP過去問解説(資産設計)2019年1月【問2】キャッシュフロー表

問2

 下記は、杉山家のキャッシュフロー表(一部抜粋)である。このキャッシュフロー表の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、計算過程においては端数処理をせず計算し、計算結果については万円未満を四捨五入すること。

  1. (ア)307 (イ)1,184
  2. (ア)308 (イ)1,184
  3. (ア)308 (イ)1,197


[正解]  (適切)

[解説]

(ア)290万円×(1+0.02)³=307.75032
 よって、308(万円)となる。
(イ)1,251万円×1.01-67万円=1,196.51
 よって、1,197(万円)となる。

[要点のまとめ]

n年後の収入額や支出額を求めるには、次の算式を使う。
 (算式)n年後の金額=現在の金額✕(1+変動率)\(^{n}\)
 一定率で上昇する給与収入、基本生活費、その他支出などで使用するが、進路により支出額が大きく変わる教育費は、年毎の支出額を求めてから変動率をかける。また固定金利型で借り入れた住宅ローンや保険料など変動率をかけない支出もある。
2.電卓で累乗計算をする(3乗の場合)
(1) カシオ系:「✕2回」、「=2回」
(2) シャープ系:「✕1回」、「=2回」
 3乗の場合、「=3回」ではなく「=2回」であることに注意する。

error: Content is protected !!