3級FP過去問解説(資産設計)2019年1月【問3】株式欄の読み取り

問3

下記<資料>に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
※資料省略

  1. 2018年6月21日の日経平均株価は、前日終値比マイナスで推移した時間帯があった。
  2. 2018年6月21日17時時点のドル/円相場は、1ドル=110円53銭の買値と1ドル=110円54銭の売値が提示されていた。
  3. 新発10年国債利回りの終値は、前営業日の0%に対し、2018年6月21日は0.035%へと上昇した。


[正解]  (不適切)

[解説]

  1. 2018年6月21日の日経平均株価は、前日終値比マイナスで推移した時間帯があった。
  2. [解説]
    右下のグラフを見ると、点線で前日終値ラインが引いてある。これを下回っている時間帯がある

  3. 2018年6月21日17時時点のドル/円相場は、1ドル=110円53銭の買値と1ドル=110円54銭の売値が提示されていた。
  4. [解説]
    「1ドル=110.53~110.54」は、110.53が買値、110.54が売値を表す。つまり、1ドル欲しいなら110.53円払わなければならない

  5. 新発10年国債利回りの終値は、前営業日の0%に対し、2018年6月21日は0.035%へと上昇した。
  6. [解説]
    0.035%( 0)の( )内は前営業日との差を表す。よって、新発10年国債利回りの終値は前営業日と変化なし

[要点のまとめ]

<株式欄の読み取り>
株式欄の読み取りは、株式指標と絡めた問題が標準的だが、今回のように、毎回出題されるパターンでない場合、普段から株式欄を見ているかどうか次第となる。そのため、全体的な得点源を考えて、得点する必要がなければ間違えるのもやむを得ないだろう。

error: Content is protected !!