3級FP過去問解説(資産設計)2019年1月【問5】預金保険制度

問5

下記<資料>は、福岡さんと杉田さんがQA銀行(日本国内に本店のある普通銀行)で保有している金融商品の時価の一覧表である。仮にQA銀行が破綻した場合、この時価に基づいて預金保険制度によって保護される金額に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

<資料>               (単位:万円)

福岡さん 杉田さん
 普通預金 700  180 
 定期預金 350  300 
 外貨預金 230  150 
 株式投資信託 150  300 
 個人向け国債 500  200 

※福岡さんおよび杉田さんともに、QA銀行からの借入れはない。
※預金の利息については考慮しないこととする。
※普通預金は決済用預金ではない。

  1. 福岡さんの金融商品のうち、保護される金額の合計は1,050万円である。
  2. 福岡さんの金融商品のうち、保護される金額の合計は1,000万円である。
  3. 杉田さんの金融商品のうち、保護される金額の合計は680万円である。


[正解]  (適切)

[解説]

預金保険制度で保護されるのは、普通預金と定期預金である。
福岡さんは、1,050万円あるが、上限額は1,000万円なので、保護される金額は1,000万円である。
杉田さんは、480万円である。

  1. 福岡さんの金融商品のうち、保護される金額の合計は1,050万円である。
  2. [解説]
    決済用預金があれば1,000万円を超えることはある(利息を考慮する場合は利息分が超えることもある)が、決済用預金がないため、上限額1,000万円となる。

  3. 福岡さんの金融商品のうち、保護される金額の合計は1,000万円である。
  4. [解説]
    預金保険制度の上限額である1,000万円が保護される。なお、1,000万円超の部分は、破綻した金融機関の残余財産の状況に応じて支払われる。

  5. 杉田さんの金融商品のうち、保護される金額の合計は680万円である。
  6. [解説]
    個人向け国債200万円を含めた金額になっているが、預金保険制度の対象外である。普通預金180万円と定期預金300万円の合計額が保護される。

[要点のまとめ]

<預金保険制度>
1.制度の概要
・当座預金や利息の付かない普通預金等(決済用預金)は、全額保護される。
・定期預金や利息の付く普通預金等(一般預金等)は、預金者1人当たり、1金融機関ごとに合算され、元本1,000万円までと破綻日までの利息等が保護される。
※これを超える部分は、破綻した金融機関の残余財産の状況に応じて支払われる。
元本1,000万円と利息は、決済用預金など全額保護される商品を除いて計算する。
2.預金保険制度対象外の商品
外貨預金、譲渡性預金。元本補てん契約のない金銭信託(ヒット等)、金融債(募集債及び保護預かり契約が終了したもの)

error: Content is protected !!