3級FP過去問解説(資産設計)2019年1月【問7】セットバック

問7

下記<資料>の建築基準法に定める道路およびそれに接する建築物の敷地に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。

<資料>の道路は、建築基準法上の道路とみなされる2項道路であり、建築基準法が施行されるに至った際、すでに両側に建築物が立ち並んでいる幅員( ア )m未満の道路である。<資料>の場合、道路中心線から水平距離( イ )m後退した線がこの道路の境界線とみなされる。また、甲土地を建築物の敷地として利用する場合、甲土地は( ウ )m以上道路に接していなければならない。

  1. (ア)6 (イ)3 (ウ)3
  2. (ア)4 (イ)2 (ウ)4
  3. (ア)4 (イ)2 (ウ)2


[正解]  (適切)

[解説]

問われている内容はそのまま覚えておかなければならない。
<資料>の道路は、建築基準法上の道路とみなされる2項道路であり、建築基準法が施行されるに至った際、すでに両側に建築物が立ち並んでいる幅員( ア  )m未満の道路である。<資料>の場合、道路中心線から水平距離( イ  )m後退した線がこの道路の境界線とみなされる。また、甲土地を建築物の敷地として利用する場合、甲土地は( ウ  )m以上道路に接していなければならない。

[要点のまとめ]

<42条2項道路>
・建築基準法施行時、現に建築物が建ち並んでいる幅員4m未満の道で、特定行政庁の指定したものは、法第42条1項の道路とみなし、その中心線からの水平距離2mの線をその道路の境界線とみなす
片側が川やガケ線路敷等になつている場合は、川やガケ等の境界線から4mのところに道路境界線かあるとみなされる。この道路とみなされる部分に建築することはできない。また、後退した部分の土地は建ぺい率・容積率の計算上敷地面積に算入されない。

error: Content is protected !!