3級FP過去問解説(資産設計)2019年1月【問8】消費税の非課税取引

問8

浅見さんは、下記<資料>の物件の購入を検討している。この物件の購入金額(消費税を含んだ金額)として、正しいものはどれか。なお、<資料>に記載されている金額は消費税を除いた金額であり、消費税率は8%として計算すること。また、売買に係る諸費用については一切考慮しないこととする。

  1. 2,000万円×1.08+2,500万円=4,660万円
  2. 2,000万円+2,500万円×1.08=4,700万円
  3. (2,000万円+2,500万円)×1.08=4,860万円


[正解]  (適切)

[解説]

消費税は土地にかからず、建物にのみかかる。
そのため、建物2,000万円にのみ1.08をかければよい。
よって、正しい選択肢は1で「2,000万円×1.08+2,500万円=4,660万円」となる。
ちなみに、4,660万円(消費税額160万円)から土地の価格を求めることもできる(2級FPの範囲)。
・建物の価格に0.08をかけると消費税額160万円になるので、
 160万円÷0.08=2,000万円
 よって、建物の価格は2,160万円(消費税込み)となる。
・土地の価格は合計金額から建物価格を引けばよい。
 4,660万円-2,160万円=2,500万円
少々応用的な問題に思えるかもしれないが、計算は複雑ではない。

[要点のまとめ]

<消費税の非課税取引>
 ・土地の譲渡や貸付(1ヶ月未満の貸付等を除く)
 ・住宅の貸付(1ヶ月未満の貸付を除く)
 ※住宅の譲渡は消費税の課税取引である。
 ・株式等の譲渡
 ・利子を対価とする金銭の貸付

error: Content is protected !!