3級FP過去問解説(資産設計)2019年1月【問15】相続税評価額

問15

下記<資料>の宅地の借地権(普通借地権)について、路線価方式による相続税評価額として、正しいものはどれか。なお、奥行価格補正率は1.0とし、記載のない条件については一切考慮しないこととする。

  1. 150千円✕1.0×360㎡✕(1-60%)=21,600千円
  2. 150千円✕1.0×360㎡✕60%=32,400千円
  3. 150千円✕1.0×360㎡=54,000千円


[正解]  (適切)

[解説]

借地権について相続税評価額を求めるため、借地権割合を掛けることになる。
借地権は、Aさん(貸主)がBさん(借主)に土地を貸して建物を建てたときのBさん(借主)の権利であり、自用地評価額✕借地権割合で求める。
肢1は貸宅地、肢3は自用地の評価額である。借地権と貸宅地は相対する借主と貸主の宅地なので、セットで覚えておこう。

[要点のまとめ]

<宅地の評価>

自用地 土地の所有者が自分で使用している宅地 路線価方式(又は倍率方式)で計算した評価額
借地権 Aさん(貸主)がBさん(借主)に土地を貸して建物を建てたときのBさん(借主)の権利 自用地評価額✕借地権割合
貸宅地 Aさん(貸主)がBさん(借主)に土地を貸して建物を建てたときのAさん(貸主)の権利 自用地評価額✕(1-借地権割合)
貸家建付地 Aさんが自分の土地に建物を建ててBさんに貸した場合のAさん(貸主)の権利 自用地評価額✕(1-借地権割合✕借家権割合✕賃貸割合)

error: Content is protected !!