3級FP過去問解説(学科)2019年1月【43】ポートフォリオ運用

(43)

A資産の期待収益率が2.0%、B資産の期待収益率が4.0%の場合に、A資産を40%、B資産を60%の割合で組み入れたポートフォリオの期待収益率は、(   )となる。

  1. 1.6%
  2. 3.0%
  3. 3.2%


[正解]  (適切)

[解説]

A資産の期待収益率が2.0%、B資産の期待収益率が4.0%の場合に、A資産を40%、B資産を60%の割合で組み入れたポートフォリオの期待収益率は、(3.2%)となる。
すべて「%」が付くので、気を付けておかないと混乱する可能性がある。分からなくなったら、A資産を100%組み入れたケースを考えるとよい。
・A資産100%組み入れ
 2.0%✕1=2.0%
 当然、期待収益率は変わらない。これをヒントに、組み入れ割合をかければいいことが分かる。
・A資産を40%、B資産を60%の割合で組み入れ
 2.0%✕0.4+4.0%✕0.6=0.8+2.4=3.2%


3級FP 2018年9月 (44)

(44)
2資産で構成されるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が( ① )である場合、両資産が( ② )値動きをするため、理論上、分散投資によるリスク低減効果が得られない。
1) ① -1 ② 逆の
2) ① 0 ② 同じ
3) ① +1 ② 同じ

<解答・解説>

[解答] 3
[解説]

分散投資によるリスク低減効果が得られないのは、相関係数が+1に近い場合で、このとき両資産は同じ動きをする。相関係数がー1なら分散効果があり、0なら動きはバラバラとなる。


解答解説[表示]

当サイトの運営者は、日本FP協会会員で、当サイトは、一般社団法人金融財政事情研究所よりファイナンシャル・プランニング技能試験の利用許諾を得ております。
【平成30年1月30日許諾番号1801K000003】≫金融財政事情研究会 ≫日本FP協会

3級FP 2018年5月 (45)

(45)
異なる2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が( )である場合、ポートフォリオを組成することによる分散投資の効果(リスクの低減)は最大となる。
1) 1
2) 0
3) -1

[解答] 3
[解説]
分散投資の効果(リスクの低減)は最大となるのは、相関係数が-1となる場合である。

解答解説

3級FP 2018年1月 (44)

(44)
2資産で構成されるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が( ① )である場合、両資産が( ② )値動きをするため、理論上、分散投資によるリスク低減効果が得られない。
1) ① -1 ② 逆の
2) ① 0 ② 逆の
3) ① +1 ② 同じ

[解答] 3
[解説]
分散効果が得られないのは、相関係数が+1のときで、この場合、両資産は同じ値動きをする。

解答解説