3級FP過去問解説(学科) 2017年1月 (27) 相続税

(27)

相続または遺贈により財産を取得した者が、相続開始の年において被相続人から贈与によって取得した財産については、原則として、相続税の課税価格に算入されるので、贈与税の課税価格には算入されない。



[正解]  (適切)

[解説]

相続開始前3年以内に贈与を受けた財産は生前贈与として、相続税の課税価格に加算される。よって、相続開始の年に贈与された財産は贈与税の課税価格に算入されない。


[要点のまとめ]

error:Content is protected !!