3級FP過去問解説(学科) 2017年5月 (2) ライフプランニングの手法

(2)
ファイナンシャル・プランナーがライフプランニングにあたって個人顧客のバランスシートを作成する場合、バランスシートに計上する有価証券の価額については時価、生命保険については作成時点の解約返戻金相当額を使用する。

[解答] ○
[解説]
問題文のとおりである。バランスシートはある時点の資産価値を資産と負債、純資産に分けて分析するため、価値は時価で表し、生命保険はその時点で解約した場合の解約返戻金相当額を計上する。

解答解説

(2)

ファイナンシャル・プランナーがライフプランニングにあたって個人顧客のバランスシートを作成する場合、バランスシートに計上する有価証券の価額については時価、生命保険については作成時点の解約返戻金相当額を使用する。



[正解]  (適切)

[解説]

問題文のとおりである。バランスシートはある時点の資産価値を資産と負債、純資産に分けて分析するため、価値は時価で表し、生命保険はその時点で解約した場合の解約返戻金相当額を計上する。


[要点のまとめ]

<バランスシート分析>
 バランスシート分析は、キャッシュフロー表によるお金の流れを把握するとともに、資産と負債の状況を把握するために行う。バランスシートは、ある時点の価値をもとに作成するため、その時の時価で評価するのが一般的である。バランスシートの構成は、資産、負債、純資産からなり、資産から負債を引いた額が純資産となる。負債が多ければ純資産はマイナスとなる。

error:Content is protected !!