3級FP過去問解説(学科) 2017年5月 (17) 所得税の申告と納付

(17)

所得税において、その年中の給与等の収入金額が65万円以下である場合、給与所得の金額は0(ゼロ)となる。



[正解]  (適切)

[解説]

給与収入では給与所得控除があり、最低控除額が65万円である。そのため、収入金額が65万円以下であれば給与所得の金額は0(ゼロ)となり、課税されない。


[要点のまとめ]

error:Content is protected !!