3級FP過去問解説(学科) 2017年5月 (29) 相続税

(29)

相続税の計算において、既に死亡している被相続人の子を代襲して相続人となった被相続人の孫は、相続税額の2割加算の対象者となる。



[正解]  (適切)

[解説]

代襲相続人となった孫は2割加算にはならない。


[要点のまとめ]

error:Content is protected !!