3級FP 2017年9月 (5)

(5)
遺族厚生年金を受けることができる遺族の範囲は、被保険者等の死亡当時、その者によって生計を維持されていた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹である。

[解答] ×
[解説]
遺族厚生年金を受給できる遺族の範囲は、配偶者、子、父母、孫、祖父母であり、兄弟姉妹は含まれない。

解答解説

error: Content is protected !!