3級FP過去問解説(学科) 2017年9月 (24) 不動産と税金

(24)

固定資産税における小規模住宅用地(住宅用地で住宅1戸当たり200㎡以下の部分)の課税標準については、当該住宅用地に係る固定資産税の課税標準となるべき価格の4分の1の額とする特例がある。



[正解] × (不適切)

[解説]

4分の1ではなく、6分の1である。固定資産税には、住宅用地の課税標準の特例があり、200㎡以下の部分は課税標準×1/6、200㎡超の部分は課税標準×1/3となる。


[要点のまとめ]

error:Content is protected !!