3級FP過去問解説(学科) 2017年9月 (31) ライフプランニングの手法

(31)

現在40歳のAさんが、60歳の定年時に、老後資金として2,000万円を準備するために、現在から20年間、毎年一定額を積み立てる場合、必要となる毎年の積立金額は(  )である。なお、毎年の積立金は、利率(年率)1%で複利運用されるものとし、計算にあたっては下記の<資料>を利用するものとする。

<資料>利率(年率)1%・期間20年の各種係数

現価係数資本回収係数減債基金係数
0.81950.05540.0454
  1. 819,500円
  2. 908,000円
  3. 1,000,000円


[正解] 1

[解説]

毎年の積立額なので、2,000 万円 ÷ 20万円 = 100万円より少なくてすむはずである。よって、2,000万円にかける値は0.05より小さくなる。このことから減債基金係数を使う。もちろん、オーソドックスに、「どのような場合にどの係数を使うか」を覚えておいて解いても良い。そちらの方が対応範囲は広い。


[要点のまとめ]
ライフプランニングの手法

6つの係数

<係数早見表 年利2.0%>

終価係数現価係数年金終価係数減債基金係数資本回収係数年金現価係数
5年1.1040.9065.2040.1920.2124.713

1. 終価係数
複利運用で元金を運用した場合の将来の受取額を求めるための係数
(例)
 100万円を年利2%で運用した場合の5年後の金額
 1,000,000円 × 1.104 = 1,104,000円
 図解 終価係数
終価係数(6つの係数)

2. 現価係数
将来の目標額を複利運用で達成するための現在の元本を求めるための係数
(例)
 年利2%で5年後に100万円を準備するために必要な現在の金額
 1,000,000円 × 0.906 = 906,000円
 図解 現価係数
現価係数(6つの係数)

3. 年金終価係数
毎年一定額を複利運用で積み立てた場合の将来の受取額を求めるための係数
(例)
 年利2%で毎年20万円を5年間積み立てた場合の5年後の受取額
 200,000円 × 5.204 = 1,040,800円
 図解 年金終価係数
年金終価係数(6つの係数)

4. 減債基金係数
複利運用で将来の目標額を達成するための毎年の積立額を求めるため係数
(例)
 年利2%で5年後に100万円を準備するために必要な毎年の積立額
 1,000,000円 × 0.192 = 192,000円
 図解 減債基金係数
減債基金係数(6つの係数)

5. 資本回収係数
複利で運用しながら元本を取り崩す場合の毎年の受取額や毎年のローンの返済額を求めるための係数
(例)
 年利2%で100万円を運用しながら5年間で取り崩した場合の毎年の受取額
 1,000,000円 × 0.212 = 212,000円
 図解 資本回収係数
資本回収係数(6つの係数)

6. 年金現価係数
複利運用で毎年一定額を受け取る場合に必要な現在の金額を求めるための係数
(例)
 年利2%で5年間20万円ずつ受け取る場合に必要な現在の金額
 200,000円 × 4.713 = 942,600円
 図解 年金現価係数
年金現価係数(6つの係数)

error:Content is protected !!