3級FP過去問解説(学科) 2017年9月 (50) 所得税の申告と納付

(50)

年末調整の対象となる給与所得者は、年末調整の際に、所定の書類を勤務先に提出することにより、( )の適用を受けることができる。

  1. 寄附金控除
  2. 生命保険料控除
  3. 雑損控除


[正解] 2

[解説]

年末調整で税金の清算ができるのは生命保険料控除だけで、寄附金控除と雑損控除は確定申告が必要である。なお、寄附金控除のうち一定の寄附金については確定申告不要で書類を提出するだけで翌年の住民税から控除してもらえるが、年末調整には対応していない。


[要点のまとめ]

error:Content is protected !!