3級FP過去問解説(学科) 2017年9月 (52) 建築基準法

(52)

都市計画区域内にある幅員4m未満の道で、特定行政庁の指定により建築基準法上の道路とみなされるもの(いわゆる2項道路)については、原則として、その中心線からの水平距離で( )後退した線がその道路の境界線とみなされる。

  1. 2.0m
  2. 2.5m
  3. 3.0m


[正解] 1

[解説]

建築基準法上、道路の幅員は4m以上となるため、4m未満の道路は中心線から2m後退した線がその道路の境界線となる。セットバックに関する問題である。


[要点のまとめ]

error:Content is protected !!