3級FP過去問解説(学科) 2018年1月 (23) 区分所有法

(23)

 建物の区分所有等に関する法律の規定によれば、集会において、区分所有者および議決権の各4分の3以上の多数により、建物を取り壊し、その敷地上に新たな建物を建築する旨の建替え決議をすることができる。



[正解] ×

[解説]

4分の3ではなく、5分の4である。建て替えは、区分所有法の規定で最も多くの票数が必要となる。規約の変更などは4分の3以上必要となる。


[要点のまとめ]
不動産に関する法令

区分所有法

1. 決議要件

決議内容必要な賛成数
(区分所有者と議決権)
備考
一般的事項各過半数規約で別段の定めができる
規約の設定・変更・廃止各3/4以上区分所有者の定数を規約で過半数まで減らすことができる
建替え各4/5以上規約で別段の定めはできない

error:Content is protected !!