3級FP過去問解説(学科) 2018年1月 (52) 宅地建物取引業法

(52)

宅地または建物の売買または交換の媒介契約のうち、( ① )では、依頼者は他の宅地建物取引業者に重ねて媒介の依頼をすることが禁じられるが、( ② )では、依頼者は他の宅地建物取引業者に重ねて媒介の依頼をすることができる。

  1. ① 専任媒介契約 ② 専属専任媒介契約
  2. ① 専任媒介契約 ② 一般媒介契約
  3. ① 一般媒介契約 ② 専任媒介契約


[正解] 2

[解説]

他の宅地建物取引業者に重ねて媒介の依頼をすることができる契約は専任媒介契約である。


[要点のまとめ]
不動産に関する法令

宅地建物取引業法

1. 媒介契約

<媒介契約>

宅建業者依頼主有効期間
依頼主への
報告義務
指定流通機構
への登録義務
自己発見取引複数依頼
一般媒介契約
専任媒介契約2週間に
1回以上
7日以内×3ヶ月以内
専属専任媒介契約1週間に
1回以上
5日以内××

error:Content is protected !!