3級FP過去問解説(学科) 2018年5月 (20) 所得税の申告と納付

(20)

給与所得者のうち、その年中に支払を受けるべき給与の収入金額が2,000万円を超える者は、所得税の確定申告をしなければならない。



[正解]  (適切)

[解説]

問題文のとおりである。そのほか、給与所得・退職所得以外の所得が20万円超ある人や複数の会社から給与を受け取っている人も確定申告が必要である。


[要点のまとめ]

error:Content is protected !!