3級FP 2018年5月 (23)

(23)
借地借家法では、借地権設定契約を締結する場合の存続期間は、堅固建物では30年以上、非堅固建物では20年以上とされている。

[解答] ×
[解説]
「堅固建物では30年以上、非堅固建物では20年以上」は旧借地法の規定である。借地借家法は1992年(平成4年)8月1日以後に締結された契約に適用されるため、これ以前の契約では旧借地法が適用されている。

解答解説

error: Content is protected !!