3級FP過去問解説(学科) 2018年9月 (14) 金融派生商品等

(14)

オプション取引において、将来の一定期日または一定期間内に、株式などの原資産を特定の価格(権利行使価格)で買う権利のことを、プット・オプションという。



[正解] × (不適切)

[解説]

買う権利は、コールオプションである。買い手は、プレミアム(手数料)を支払い買う権利を手に入れ、行使するかどうかを決めることができる。行使すれば特定の価格で購入し、行使しなければ(放棄すれば)、手数料を手放すことになる。


[要点のまとめ]
金融派生商品

オプション取引

将来のある時点において、特定の商品を一定の価格で売買する権利を売買する取引で、買う権利をコール・オプション、売る権利をプット・オプションという。
・買い手
 売り手にプレミアムを払い、買う権利や売る権利を買う。損失はプレミアムに限定され、利益は無限大となる。
・売り手
 プレミアムを受け取り、買い手が権利を行使した場合に取引に応じる義務が生じる。利益はプレミアムに限定され、損失は無限大となる。


【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!