3級FP過去問解説(学科) 2018年9月 (29) 保険と税金

(29)

生命保険契約において、契約者(=保険料負担者)および被保険者がAさん、死亡保険金受取人がAさんの配偶者Bさんである場合、Aさんの死亡によりBさんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。



[正解]  (適切)

[解説]

問題文のとおりである。保険料を支払っているAさんは死亡しているため、贈与税ではなく、相続税の対象となる。


[要点のまとめ]

error: Content is protected !!