3級FP過去問解説(学科) 2018年9月 (31) 6つの係数

(31)

Aさん(50歳)は、現在から10年間、毎年一定額を積み立てて、老後資金として1,000万円を準備したいと考えている。この場合、必要となる毎年の積立金額は( )である。なお、毎年の積立金は、利率(年率)2%で複利運用されるものとし、計算にあたっては下記の〈資料〉を利用するものとする。

〈資料〉利率(年率)2%・期間10年の各種係数

現価係数 減債基金係数 資本回収係数
0.8203 0.0913 0.1113
  1. 748,934円
  2. 820,300円
  3. 913,000円


[正解] 3

[解説]

10年間毎年一定額を貯めて1,000万円にするので、100万円より少ない金額(1,000万円にかけるのは0.1未満)になるはずである。よって、減債基金係数を使用する。


[要点のまとめ]

<6つの係数>
1 終価係数:将来の受取額を求める。
2 現価係数:将来の目標額を達成するための現在の元本を求める。
3 年金終価係数:毎年一定額を積み立てた場合の将来の受取額を求める。
4 減債基金係数:将来の目標額を達成するための毎年の積立額を求める。
5 資本回収係数:まとまった資金を毎年取り崩す場合の受取額を求める。
6 毎年一定額を受け取る場合に必要な現在の元本を求める。

error: Content is protected !!