3級FP過去問解説(学科)2018年9月【33】加給年金

(33)

厚生年金保険の被保険者期間が原則として(   )以上ある夫が65歳から老齢厚生年金を受給する場合、夫と生計維持関係にある65歳未満の妻が所定の要件を満たしていれば、妻が65歳になるまでの間、夫の老齢厚生年金には配偶者の加給年金額が加算される。

  1. 10年
  2. 15年
  3. 20年


[正解]  (適切)

[解説]

加給年金額の要件は、厚生年金保険の被保険者期間が20年以上あり、その人によって生計維持されている「65歳未満の配偶者」または「18歳到達年度の末日までの子(または20歳未満で障害等級1級または2級の未婚の子)」がいることである。

加給年金は、厚生年金の被保険者期間20年以上ある人と生計維持関係にある、
65歳未満の配偶者 または
18歳到達年度の末日までの子(もしくは20歳未満で障害等級1級または2級の未婚の子
がいなければならない。



[重要用語]

ここではFPの基礎力として、重要な用語を理解しているかどうかを確認できます。自分の言葉でそれぞれの用語がどのような意味か考えてみましょう。用語をクリックすると用語の意味が表示されます。


▷ 加給年金は、子のある配偶者か子に支給され、扶養手当のような役割がある年金である。※要件ばかりに気を取られると、そもそも加給年金とはどのような年金か忘れがちなので再度確認しよう。


error: Content is protected !!