3級FP過去問解説(学科) 2018年9月 (44) ポートフォリオ運用

(44)

2資産で構成されるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が( ① )である場合、両資産が( ② )値動きをするため、理論上、分散投資によるリスク低減効果が得られない。

  1. ① -1  ② 逆の
  2. ① 0   ② 同じ
  3. ① +1  ② 同じ


[正解] 3

[解説]

分散投資によるリスク低減効果が得られないのは、相関係数が+1に近い場合で、このとき両資産は同じ動きをする。相関係数が-1なら分散効果があり、0なら動きはバラバラとなる。


[要点のまとめ]
ポートフォリオ運用

1 期待収益率

(算式)
期待収益率 = (予想投資収益率 × 確率) + (予想投資収益率 × 確率) + (予想投資収益率 × 確率)

2 ポートフォリオ理論

1. ポートフォリオの期待収益率の算式
ポートフォリオの期待収益率 = (期待収益率 × 構成比) + (期待収益率 × 構成比) + (期待収益率 × 構成比)

2. 相関係数
複数の資産について、相関関係を-1から+1までの数値で表したもの。-1に近づくほどポートフォリオの効果は高く、リスク軽減を期待できる。
・相関係数 -1:値動きが全く逆
・相関係数 0 :値動きに関連性なし
・相関係数 +1:値動きが全く同じ


【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!