3級FP過去問解説(学科) 2019年1月 (45) 金融商品と税金

(45)

つみたてNISA勘定(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度における累積投資勘定)に受け入れることができる限度額は年間( ① )で、その非課税期間は最長で( ② )となる。

  1. ① 40万円 ② 20年間
  2. ① 80万円 ② 20年間
  3. ① 120万円 ② 10年間


[正解] 1 (適切)

[解説]

つみたてNISA勘定(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度における累積投資勘定)に受け入れることができる限度額は年間( ① 40万円)で、その非課税期間は最長で( ② 20年間)となる。

[要点のまとめ]

<NISAの概要>

概要年間120万円までの売却益・配当金が非課税となる
非課税期間5年
対象者国内に住む20歳以上の人
対象商品上場株式、株式投資信託、ETF、J-REIT(公社債や公社債投資信託は対象外)
備考非課税枠の繰り越しはできない
・NISA口座での損失は他の口座との損益通算はできない
・NISA口座に他の口座にある株式を移管できない。

<つみたてNISAの概要>

対象者国内に住む20歳以上の人
口座開設1人1口座
対象商品条件を満たした投資信託や上場投資信託
非課税枠年間40万円
最大20年間(800万円)
備考・NISAとあわせて運用できない
・途中解約はいつでも可能

error:Content is protected !!