3級FP過去問解説(学科) 2019年1月 (56) 贈与税の申告と納付

スポンサーリンク

(56)

贈与税の申告書は、原則として、贈与を受けた年の翌年の( ① )から3月15日までの間に、( ② )の納税地の所轄税務署長に提出しなければならない。

  1. ① 2月1日  ② 受贈者
  2. ① 2月1日  ② 贈与者
  3. ① 2月16日  ② 受贈者


[正解] 1 (適切)

[解説]

贈与税の申告書は、原則として、贈与を受けた年の翌年の( ① 2月1日)から3月15日までの間に、( ② 受贈者)の納税地の所轄税務署長に提出しなければならない。

[要点のまとめ]
贈与税の申告と納付

    目次

  1. 贈与税の申告
  2. 贈与税の納付

1 贈与税の申告

提出期限贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日まで
提出先受贈者の住所地の所轄税務署長
ポイント・基礎控除額以下の場合は申告不要
・贈与税の配偶者控除、相続時精算課税制度、住宅取得資金等の非課税制度を適用する場合には納付税額がゼロでも申告が必要

2 贈与税の納付

・原則:申告書の提出期限までに金銭一括納付
・延納:一定の要件を満たす場合は、5年以内の延納が認められる。
 ・金銭一括納付が困難であること
 ・贈与税額が10万円超であること
 ・延納申請書を申告書の提出期限までに提出すること
 ・担保を提供すること

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!