3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (33) 障害給付

スポンサーリンク

(33)

障害基礎年金の保険料納付要件は、原則として、初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの国民年金の被保険者期間のうち、保険料納付済期間(保険料免除期間を含む)が(  )以上あることである。

  1. 3分の1
  2. 2分の1
  3. 3分の2


[正解] 3

[解説]

障害基礎年金の保険料納付要件は、原則として、初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの国民年金の被保険者期間のうち、保険料納付済期間(保険料免除期間を含む)が3分の2以上あることである。


[要点のまとめ]
障害給付

    目次

  1. 障害年金の給付

1 障害年金の給付

1. 障害基礎年金

障害基礎年金には1級と2級がある。

 年金額
 1級 780,900円 × 基礎知識1.25倍 + 子の加算額
 2級 780,900円 + 子の加算額

2. 障害厚生年金

障害厚生年金には1級、2級、3級、障害手当金(一時金)がある。

 年金額 ※A:報酬比例部分の年金額
  1級 A × 1.25倍 + 配偶者加給年金額
  2級 A + 配偶者加給年金額
  3級 A
  障害手当金 A × 2倍

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!