3級FP過去問解説(学科) 2019年9月 (39) 損害保険の基礎知識

スポンサーリンク

(39)

損害保険において、保険契約者が負担する保険料と事故発生の際に支払われる保険金は、それぞれの事故発生リスクの大きさや発生確率に見合ったものでなければならないとする考え方を、(  )という。

  1. 大数の法則
  2. 給付・反対給付均等の原則(公平の原則)
  3. 収支相等の原則


[正解] 2

[解説]

・大数の法則:個別に見ると不確定でも、数を増やすと一定の法則があること。
・収支相等の原則:「保険会社が受け取る保険料と運用益の総額」と「保険会社が支払う保険金と経費の合計額」が等しくなるように保険料を設定すること。


[要点のまとめ]
損害保険の基礎知識

    目次

  1. 損害保険の基礎知識

1 損害保険の基礎知識

1. 損害保険料の仕組み

・給付・反対給付均等の原則:保険料は、リスクの大きさや事故確率に見合うものでなければならないという原則
・利得禁止の原則:被保険者が保険金によって利益を得てはならないという原則

2. 保険のかけ方

再調達価額保険の対象と同等のものを新たに建築または購入するのに必要な金額
保険料率保険料率は、純保険料率と付加保険料率に分けられる。純保険料は、保険会社が支払う保険金の原資、付加保険料は保険会社の経費となる。
一部保険保険金額が保険の対象の価額(保険価額)に満たない保険のこと

【報告する】誤字脱字・解答解説ミスなど 誤字脱字・解答解説誤りなどございましたら、お手数ですがご報告をお願いいたします。

error:Content is protected !!