3級FP過去問解説(学科)2020年1月【5】

(5)

住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローンであるフラット35の融資金利は固定金利であり、その利率は取扱金融機関がそれぞれ独自に決定している。



[正解]  (適切)

[解説]

住宅金融支援機構のフラット35は、金利の幅を住宅金融支援機構が決め、その範囲内で窓口となる取扱金融機関が決定している。なお、ほとんどの取扱金融機関では下限の金利を採用している。


[要点のまとめ]

error: Content is protected !!