3級FP過去問解説(学科)2020年1月【20】

(20)

給与所得者のうち、その年中に支払を受けるべき給与の収入金額が1,000万円を超える者は、所得税の確定申告をしなければならない。



[正解] × (不適切)

[解説]

給与所得者であっても原則、確定申告をしなければならないが、基本的には年末調整により確定申告は不要となる。ただし、給与として1ヵ所から年額2,000万円超の支払いを受けた者など確定申告が必要となる場合がある。


[要点のまとめ]

error: Content is protected !!