3級FP過去問解説(学科)2020年1月【37】

(37)

保険法の規定によれば、保険契約者や被保険者に告知義務違反があった場合、保険者の保険契約の解除権は、保険者が解除の原因があることを知った時から( ① )行使しないとき、または保険契約の締結の時から( ② )を経過したときに消滅する。

  1. ① 1カ月間 ② 5年
  2. ① 2カ月間 ② 10年
  3. ① 3カ月間 ② 15年


[正解] 

[解説]

保険契約者や被保険者に告知義務違反があった場合、保険会社は契約を解除することができるが、保険者が解除の原因があることを知った時から1カ月間行使しないとき、または保険契約の締結の時から5年を経過したときに消滅する。


[要点のまとめ]

error: Content is protected !!