3級FP過去問解説(学科)2020年1月【43】

(43)

個人向け国債は、金利の下限が年( ① )とされ、購入単価は最低( ② )から( ② )単位である。

  1. ① 0.03% ② 10万円
  2. ① 0.05% ② 1万円
  3. ① 0.05% ② 10万円


[正解] 

[解説]

個人向け国債は、金利の下限が年( ① 0.05%)とされ、購入単価は最低( ② 1万円)から( ② 1万円)単位である。

個人向け国債は、変動10年、固定5年、固定3年があり、いずれも最低保証金利は0.05%である。購入単位は額面1万円である。


[要点のまとめ]

error: Content is protected !!