3級FP過去問解説(学科)2020年1月【49】

(49)

所得税の住宅借入金等特別控除の適用を受けるためには、取得等した家屋の床面積が( ① )以上で、かつ、その( ② )以上に相当する部分が専ら自己の居住の用に供されるものでなければならない。

  1. ① 50㎡ ② 2分の1
  2. ① 60㎡ ② 3分の2
  3. ① 70㎡ ② 4分の3


[正解] 

[解説]

所得税の住宅借入金等特別控除の適用を受けるためには、取得等した家屋の床面積が( ① 50㎡)以上で、かつ、その( ② 2分の1)以上に相当する部分が専ら自己の居住の用に供されるものでなければならない。

所得税の住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)の要件についての問題である。主な要件は次のとおりである。
1 返済期間が10年以上
2 控除適用年の合計所得金額が3,000万円以下
3 床面積50㎡以上、2分の1以上が居住の用であること
4 住宅取得日から6ヶ月以内に居住開始、適用を受ける各年の年末まで引き続き居住すること


[要点のまとめ]

error: Content is protected !!